最適な中絶手術の選択|費用や入院について調べる

医者

手術の流れや同意書

女医

東京で中絶をすることになったら、まず利用する医療機関を探しましょう。住まいの近くで探すのか、または離れた地域の医療機関を利用するのか、設備や対応で比較してみても良いでしょう。基本的に東京の医療機関では、中絶手術の希望日よりも前に入院することになります。日程には余裕をもつことが大事なので、前後2日から3日は余裕をみて日程調整を行ないましょう。

入院する際は、中絶手術の同意書が必要になってきます。成人の方なら、自分とパートナー、もしくは男性側の同意が必要になってきます。未成年者の場合は、保護者の同意または付き添いが必要になってきます。保険証や下着、入院中の衣類など用意しておくと便利です。必要な物に関しては、事前に説明があるので、その指示に従い用意しておくといいでしょう。

東京で中絶手術を行なった後は、回復のためにも安静にすることが大事です。日帰りで手術を行なった方は、麻酔で痛みを感じずに過ごせますが、十分な休息を確保しましょう。入院が必要な方は、傷の回復が確認できるまで安静にしておきましょう。仕事への復帰を考慮するなら、土日を利用して東京で中絶手術を行なうことも一つの手段でしょう。また、痛みや出血など、術後も続くようなら、無理をせず再検査を行なってもらいましょう。将来妊娠できるか心配する方もいますが、しっかりと処置を行なうことでほとんどの方が妊娠しています。一定期間は母体の安全を考慮して、低用量ピルを使用することも検討しましょう。