最適な中絶手術の選択|費用や入院について調べる

医者

麻酔の使用や入院

女性

初期段階での中絶手術では、主に2つの方法で処置していくことになります。その1つが掻爬法です。この方法で行なう中絶手術は、子宮内に直接専用器具を挿入していきます。妊娠組織をかきだすように除去していきます。そして、もう1つが吸引法となります。文字通り妊娠組織を吸引器具で吸い取り除去していく方法となります。これらの中絶手術を行なう際は、前処理として子宮頚管を広げることがあります。この時に痛みを感じることはありますが、手術中は無痛で行なえます。比較的短時間で処置が終わるので、入院の必要がなく日帰りが可能です。

妊娠12週目を過ぎた中期以降の中絶手術は、初期とは違った処置が必要となり出産のようなスタイルとなってきます。東京ではまず、陣痛誘発剤を使用して、子宮の収縮を促します。強制的に陣痛を起こすことで、妊娠組織を体外に押し出すようにします。この後に胎盤や残った組織を除去していきます。しかし、陣痛が起こるタイミングには個人差があるので、長くかかると2日から3日を要することもあります。また、東京では1日に利用できる陣痛誘発剤も制限されているので、体調の変化にも気をつけなければなりません。

東京での入院や中絶手術、退院のトータルを考えると、1週間前後の計画で休暇が必要となるでしょう。妊娠中期以降の手術は、死産扱いとなるので東京の役所で手続きを行ないましょう。詳しい説明は医師が行なってくれますが、自分でも調べておきましょう。不安であれば、専門のカウンセラーや窓口をたずねましょう。