最適な中絶手術の選択|費用や入院について調べる

医者

術後の過ごし方

女の人

子宮にとって、中絶という行為は出産と同じようなダメージとなります。出血や妊娠組織の除去などで、子宮が傷つくことがありますが、自然治癒力によって回復は可能です。しかし、注意しないと予後に影響が出てしまいます。東京の医療機関では、中絶後の通院や検診はしっかりと行なうように指導しています。ですから、通院で必ず経過を確認してもらい、必要な処置を行なってもらいましょう。また、痛みや出血など体調の変化があった場合は、すぐに担当医に相談しましょう。

東京で中絶手術を行なった後は、1週間から10日前後の間に出血が見られます。また、めまいや頭痛など、不調が続くことも予想されるので、毎日の検温を行ない体調管理につとめましょう。基礎体温を測ることで、排卵の有無を確認することもできます。東京で中絶を行なったあと、通常であれば1か月半以降に生理が始まります。排卵が起こっていれば、子宮や卵巣の機能も回復したとみなして良いでしょう。

身体機能の回復は、生理や傷の治り具合で確認することができますが、メンタルケアへの理解はまだ遅れているのが現状でしょう。東京で中絶したということで、大きなストレスを抱えてしまい、結果的にPASになってしまう方もいます。急激なホルモンバランスの変化で、情緒が不安定になりやいのですが、適切なケアを取り入れることですぐに回復することができます。放置してしまうと、うつや不眠症を発症してしまうので、十分な休息とストレス解消につながるケアを取り入れていきましょう。