最適な中絶手術の選択|費用や入院について調べる

看護師

麻酔の使用や入院

女性

東京では妊娠周期ごとで、中絶手術の方法が変わってきます。痛みや手術にかかる時間など、事前にしっかりと把握しておきましょう。麻酔の使用や、入院に関する疑問はスタッフと相談することが大事です。

もっと読む

術後の過ごし方

女の人

東京で中絶手術を行なった後は、安静にして子宮をいたわりましょう。もともと自然治癒力がある子宮ですが、体力の低下やダメージによっては、傷の治りが遅くなってしまうので気をつけましょう。

もっと読む

手術の流れや同意書

女医

東京の医療機関を利用して、中絶手術を行なう際は事前の予約と、手続きが必要になってきます。当日はいくつか持参する物もあるので、同意書と一緒に用意しておきましょう。

もっと読む

体への負担と術後の経過

病院

予定外の妊娠をしてしまい、中絶手術を受けることになったら、まずは妊娠周期から調べましょう。妊娠して5週目から21週目であれば、手術を受けることができます。母体への負担を考慮して、できるだけ早期の手術を受けましょう。中絶手術を行なう上で把握しておくべきことは色々ありますが、費用も大事なポイントでしょう。中絶手術は自由診療の扱いとなるので、全額自己負担となります。健康保険の適用は診療費のみとなるので、どの程度の出費が必要になってくるのか事前に計算しておきましょう。利用する医療機関や、妊娠周期で手術費用が変わってきますが、最低でも7万円前後、中期以降の妊娠であれば30万円前後の出費も発生してくることになります。入院が長引けば収入も減るので、生活への影響も考えてパートナーの協力を得ましょう。

予定外の妊娠は、体への負担だけでなく精神的な負担も大きくなってしまいます。友人や家族にも相談できずに一人で悩んでしまう方もいますが、専門家に相談してカウンセリングを利用することも大事です。また、術後の経過を安定させるためにも、仕事や家事など最低限にとどめておきましょう。しばらくは通院も必要になってくるでしょうから、無理のない予定を組み穏やかな日々を過ごすようにしましょう。最近ではスタッフや医師など、女性だけで構成されている医療機関もあります。完全個室で対応してくれますし、外部との接触も最低限ですむので、通院や診療にも配慮がほどこされています。